HOME会社案内 > 沿革

沿革

JAS グループの歩み

設立〜1980年代

JASグループは1978年、日本とイタリア間の物流を手がけるJAS JET AIR SERVICEとして誕生しました(本拠地:イタリア、ミラノ)。
発足当初はヨーロッパとアジア間の物流に注力し、特にヨーロッパから日本への航空輸送において高いマーケットシェアを獲得しました。1985年には海上輸送サービスも開始。
1988年には本拠地イタリアにおいてIATA代理店として売上げ1位を記録する規模に成長しました。


1980年代後半〜90年代

80年代後半から90年代にかけて、ヨーロッパ・アジア間から北米、南米、中東等の地域にネットワークを拡充し、自社の物流設備の構築にも注力しました。
ワールドワイドな事業展開を促進し、グローバルフォワーダーとして大きく成長を遂げた時期です。


2000年代〜現在

グループ本部をUSA・アトランタに新設し、トレーニングキャンパスやシステムセンターを含む本部施設を開設しました。
より高度化・多様化する顧客ニーズに応えるため、拠点網と物流設備の拡充、IT技術の活用、新しい市場への積極的な参入をはじめ、更なるサービスの拡充と発展に努めています。

JAS JAPANの沿革

1978年 イタリア・ミラノを本拠地に、JAS JET AIR SERVICEが発足。
東京および大阪に日本連絡事務所を開設。
1981年 日本法人の許可を取得し、ジャスジャパン株式会社を設立。
1982年 ジャスフォワーディングジャパン株式会社に社名変更。
1987年 伊丹空港(現関西空港)営業所を開設。
1989年 第73回 IATA(国際航空輸送協会)会議において
IATA代理店の免許を取得。
1997年 大阪税関より通関業許可証を取得。
2000年 成田空港営業所を開設。東京税関より通関業許可証を取得。
2001年 名古屋営業所を開設。
2008年 創業30周年。
2011年 プロジェクト部『JasProjects』を開設。
2013年 グローバル物流・サプライチェーンのITソリューション『EDI CargoWise』を導入。
2014年 中部空港営業所を開設。名古屋税関より通関業許可証を取得。
2015年 プロジェクト部「JAS Projects」は「JAS Oil & Energy」と合併し、「JAS Projects - Oil & Gas」へ名称変更
2016年 東京事務所を日本橋から新橋へ移転。